↓わきが対策・ニオイケアしたい方はコチラ

↓顔の汗・化粧崩れが気になる方はコチラ

↓手汗対策ならコチラ

多汗症という病気

多汗症という病気があります。あまり知られていないようですが、列記とした病気なのです。単に汗っかきだと思っている状態が実は多汗症かも知れないのです。もしも自分が汗かきの体質ならば一度多汗症を疑ってみるといいでしょう。

 

特に暑い夏でもないのに汗をかく人、真冬で他のみんなが寒がっているのに大汗を拭く人、緊張するとわきや手の平、背中などにぐっしょりと汗をかく人、

 

尋常でないくらいの汗が出てくる人などは多汗症かも知れません。まずは本人が異常を認識することから治療は始まります。特に若い人は、この汗かきの体質を恥ずかしく思う余りに、自分から病院へ行こうとしない現状があります。

 

多汗症がひとつの病気であるという認知度があがれば、もっと医療機関に行き易いのでしょうね。実際は保険も適用されるなど、病気として扱われているのです。

多汗症の種類

あせを異常にかいたり、暑くもないのに汗をかく病気「多汗症」ですが、いくつか種類があります。大きくは2つに分けられます。
全身から汗が出る全身性多汗症と、からだの一部分から汗が出る局所性多汗症です。

 

全身性多汗症というのは、字のごとく全身から異常な量の汗が出る症状です。汗かきという体質の方がこれに含まれます。

 

局所性多汗症というのは、ストレスや緊張感で発汗を引き起こします。このタイプの多汗症の人には、自分の汗で人に不快な思いをさせてしまうことを
極度に気にすることでストレスになり、それがさらに汗をかかせることになる悪循環に陥るケースが見られます。
多汗症は、いろいろな原因によって、汗の分泌が異常に増えてしまう病気なのです。

多汗症を疑ってら直ぐに病院へ行きましょう

多汗症は病気ですが、どこまでが普通であり、どこからが病気なのか、本人の判断が難しいところです。
一般に多汗症というのは、人間のもつ2つの汗線のうち、片方から必要以上の汗が分泌されてしまう状態を言います。
これとて、素人のでは判断が出来かねますね。どれくらいの量の汗をかくと多汗症なのか、どれくらいなら治療が必要なのか、定義はありません。

 

ですから、本人が「気になる」という根拠で診断を仰ぐのがいいでしょう。汗をかくことで他人に対して嫌な思いをさせているのではないか、
と多汗症の人はおうおうにして悩むようです。そのストレスも考えると、早めに病院で診断を受けて治療を始めることが望ましいでしょう。
たとえ多汗症とまではいかない状態であっても、診断を受けることで、安心もしますし、汗に対する対応策も医師から受けることもできるでしょう。
汗が気になり始めたら、ひとり悩まずに思い切って病院へ行くことをお勧めします。

汗への身近な対応策

多汗症になると病院で治療を受けることになりますが、多汗症とまではいかないまでも、自分の汗に悩む人は多いですね。
汗は人間誰でもかくものです。そして社会生活をする上で人との接触は避けられないので、汗に関しては自分なりに対応する必要があります。
最近では 汗対策のグッズやデオドラント製品など、様々なものが市販されています。普段からこれらを利用して汗対策をするといいでしょう。
例えばドラッグストアで良く売られている臭いを抑える制汗剤などは、いろいろな種類が揃っています。香りも楽しめるようになっています。

 

また、汗を吸い取る脇汗パッドなどはどうでしょうか。脇汗を抑えられます。脇に関してなら、脇用のパウダーも市販されていますから利用したいものですね。
市販されているこれらの制汗グッズをまず利用して、汗対策をすることから始めましょう。汗が少しずつ気にならなくなるでしょう。
しかしこれらを使っても汗が抑えられないようならば、多汗症を疑い、やはり病院で診てもらうようにしましょう。

更新履歴