ワキガとわき毛

わき毛が多い、濃いという人にワキガ体質が多いというのはかなりの高い確率で正解です。

 

アポクリン汗腺は毛穴と繋がっているため、ワキガ体質の人は、アポクリン汗腺が多いほど毛穴の数も多く従って毛の量も多いという因果関係ができあがります。

 

また、わき毛の一本一本が濃い・長い・太い人は、毛穴が発達していると考えられ、アポクリン汗腺も同じように発達していると思われます。

 

ヒトの体の部分で毛の濃い箇所は臭いのある場所でもあります。頭や脇、陰部などは毛が多く濃い部位で、独特な臭いがあります。

 

毛は臭いをため込んで遠くへ飛ばす働きをしますので、シャンプー剤などの心地よい臭いも飛ばしますが、汗臭さや加齢臭などのイヤな臭いも飛ばすので、周囲の人に嗅がれやすくなってしまうのです。

 

従って、ワキガ対策にわき毛の処理をするのは完全ではありませんが、ワキガ臭を軽減することができます。

ワキガ臭の基 アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は脇の下や陰部、耳の中、肛門、乳輪など限られた部位に存在する汗腺です。たんぱく質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などが含まれていて、白っぽい色で少し粘りけがあるのが特徴。

 

これらの成分が皮膚に常在する雑菌によって分解されることで、独特の臭いが発生するのです。

 

アポクリン汗腺は誰にもあり、ワキガ体質になる可能性は誰にもあるのですが、ワキガ体質の人とそうでない人がいるのはどうしてでしょう。それは、アポクリン汗腺の数と大きさによるからです。

 

臭いの強い人はアポクリン汗腺の数か多く、ひとつひとつも大きいのです。
数は生まれながら決まっており、大きさは男女とも思春期ころに最大になり、老年になると小さくなるといわれます。