体質改善

現在は多汗症の対処法がいろいろ確立されています。例えば、体質改善です。
ある書籍では、水を飲むことを勧めています。多汗症の人は汗をかきたくないから水分を控えようとする傾向が強いですが、
実は多汗症の人には、水分が必要であり、沢山水を飲んだほうが良いと書かれています。

 

また、別の書籍では、体に溜まる老廃物が多汗症の原因のひとつであると述べています。

 

多汗症に造詣が深い医師などが、本を書いているので、参考にすると良いでしょう。

 

書籍の他に、多汗症のカウンセリングも治療のひとつとして注目されています。
手術や薬のような治療ではなく、精神的な治療です。

 

多汗症は、自律神経と密接に関わっていると考えられていますから、
自己催眠法などで、体と心をリラックスさせ自律神経を正常にするのです。
また、心身治療では、汗に対する不安感や恐怖感を取り除くような治療も行われます。

 

このようにカウンセリングは、体の外からの治療ではなく、体の内側からの治療です。
皮膚科や内科などで化学治療にかかる前に心療内科を受診することもひとつの治療法です。

 

心療内科でも場合によっては、薬を処方されることがあります。これは汗を止めるための薬ではなく、心の緊張や不安を和らげるための薬です。

 

多汗症の方への治療法はいろいろありますから、その人に合う治療法を取り組むことが良いでしょう。

 

 

食事

多汗症は、精神的な不安や、緊張感とストレスなどが原因のひとつと考えられています。

 

ですから、皮膚科や内科にかかる事の他に心療内科でカウンセリングをしてもらうことも治療方法のひとつです。
このように病院で多汗症の治療は可能ですが、普段の生活の見直しでも多汗症の症状の緩和はできます。
その第一が食事です。毎日摂る食事に気を付けることで多汗症対策になるのです。
多汗症の人は自分の食事を一度見直してみましょう。食物の中には汗をかきやすいもの、発汗作用の強いものがあります。
そのようなものを普通の人と同じように摂ることは避けたいものです。
例えば
熱いラーメンや、辛いカレーライスなどは普通の人でも大汗が出ますね。これを多汗症の人が摂ると大変です。
食事に対してほんの少しの配慮で、汗をかくことが控えることができるのです。