「ワキガ」とは

ワキガとは、脇の部分から特有のすっぱいような、すえたような臭いがする状態をいいます。臭汗症とも脇臭症などとも言われます。

 

病気のような呼び名ですが、ワキガは病気ではなく体質です。ですからワキガを正式にいうならワキガ体質といいます。

 

ワキガは日本人には少なく、約10%といわれています。一方ワキガ体質の割合が多い国というと、欧米人です。なんと80%の人がワキガ体質だということです。欧米人は肉中心の食生活を行ってきたことに原因があるといわれています。近年の日本の食生活も欧米化してきていますから、ワキガ人口も欧米並みになる日がくるかもしれません。

ワキガの原因

汗にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺から出るふたつの種類があります。ワキガのニオイの原因になるのは、アポクリン汗腺からでる汗です。

 

少し粘り気があり、ベタベタしています。しかし、このベタベタした汗が臭うわけではありません。アポクリン汗腺からでたばかりの汗には臭いはなく、皮膚に常在している雑菌が臭いの基になるのです。

 

アポクリン汗腺からでた汗には脂質やたんぱく質、糖質などの栄養が含まれており、これが雑菌の食糧になっています。雑菌が栄養を摂取すると汗が分解されてワキガの臭いの原因となります。

 

また、アポクリン汗腺から出た汗は常在菌の繁殖を促してしまいます。したがって、殺菌作用のあるスプレーなどで雑菌の繁殖をおさえることで、臭いを防ぐことが可能になります。

多汗症とワキガ

多汗症とは、ヒトの全身に分布しているエクリン汗腺からでる汗が異常に多い状態をいいます。多汗症といってもパターンはさまざまです。

 

精神性発汗型多汗症は、精神的に緊張や不安になると手や足から多量の汗が出る症状です。多汗症で多いケースがこれです。

 

更年期障害の症状のひとつであるホットフラッシュ、暑くないのに突然汗が吹き出るのがホットフラッシュです。これはホルモンのバランスが崩れて出る症状ですから、一定の期間が過ぎれば治まりますし、医療的処置で改善可能な症状です。

 

脇の部分からの汗が多い多汗症である場合は、ワキガの疑いが濃厚で、ワキガ型の多汗症と呼ばれます。