ワキガ対策 日常生活の注意点

ワキガ体質の方が、対策として色々なグッズを使って努力しておられると思いますが。日常生活の中にも取り入れたいワキガ対策があります。

 

ちょっとした心がけで、ニオイを軽減できるので実践してみてください。

 

・入浴やシャワーで体を清潔に保つ
日本人は毎日お風呂に入る習慣があるので、わざわざ取り上げる必要はないのですが、体を清潔にしていれば臭いを減らすことができます。汗をかいた時はシャワーだけでも浴びるようにしましょう。濡れタオルで汗をふき取るだけでも効果はあります。

 

・吸湿性のよい衣服を着用する
汗を吸収しない衣服を身に着けると、肌表面の菌が増えニオイの原因となります。肌に直接触れる衣服は汗を吸収する、通気性のよいものを選びましょう。
できれば汗を吸収した衣服をなるべく早く交換しましょう。

 

・わきの下を清潔に
わきの下は蒸れやすいので、菌が増殖しやすく不潔にするとニオイが強くなります。わき毛はその蒸れをひどくしたり、菌を増やしてしまいます。わき毛の処理をすること、汗をかいたら濡れタオルやウエットティッシュなどでこまめにふき取りましょう。

 

・水分補給を十分に
水分不足になると汗の濃度が高くなって、ニオイが強くなります。

 

・制汗剤や消臭剤、殺菌剤などを使う
クリームタイプやスプレータイプの安価なものが色々出ていて、携帯できるものもあります。

 

・食生活を和食中心にしてみる
動物性の食品を少なくして、野菜や穀物を中心の食事を増やすことで体臭が軽減します。また刺激物やアルコールなどの嗜好品も控えましょう。

ワキガに効果がある食べ物

ワキガの臭いの原因はアポクリン汗腺から出る汗です。この汗に含まれる脂質やたんぱく質、アンモニアなどの成分が皮膚に常在する雑菌に分解、酸化され
ると、独特のニオイを放つようになります。

 

肉類や乳製品などの動物性タンパク質や油ものを多く摂る人は、アポクリン汗腺の働きが活発になり、ワキガのニオイも強くなるといわれています。また、これらの食品が消化や分解に時間がかかることもワキガ臭が強くなる原因だともいわれます。

 

その他にも、ニンニクやニラなどの臭いの強い食材やアルコール、たばこ、コーヒーなどの刺激物もワキガ臭を強くするので、摂りすぎないように注意しましょう。

 

ワキガは食生活が欧米化したことにも要因があります。昔ながらの和食をなるべく取り入れることでワキガ臭を防ぐことができます。

 

特に野菜のビタミンA、C、Eを多く含むものを積極的に摂りましょう。これらは抗酸化作用があり、体臭を強くする原因の活性酸素を除去してくれます。
ビタミンAは緑黄野菜、Cはピーマン、菜の花、ブロッコリーなど、Eはモロヘイヤ、しそ、パセリなどに多く含まれています。

 

また、食べ物を腸に長くとどめないためにも食物繊維を意識的に摂りましょう。乾燥ひじき、高野豆腐、切り干し大根などの乾物なら保存がきき、いつでも使えるので、常備しておくと便利です。

ワキガ対策製品を選ぶ基準

ドラッグストアでもネット通販でも、ワキガ対策製品は実にたくさんの種類と色々なタイプのものが出ています。価格が高いものなどは失敗をするとムダになるのでなかなか手が出ません。

 

それでも効果があれば使ってみたいのが心情です。そんなときには、やっぱり良い口コミが多いというのは安心できます。

 

そして商品力です。成分の良さと添加物などのチェックをして安全性を確認することも大事です。

 

次に返金保証があるかどうかの確認。使ってみて合わない場合の返金保証があれば安心です。

 

そして一番気になるのがコスト。使い続けていくにはコストパフォーマンスは肝心なポイントです。定期コースにすれば特典があるなどの、おトクなサービスがある商品を選ぶことが重要です。