超音波治療

多汗症の治療には、いろんな方法があります。投薬、手術、精神科でのカウンセリングなどがあり、患者さんの希望、目的、症状に合わせて治療していきます。
そんな中でも注目したいのが、超音波治療です。多汗症の治療法の中でも、短時間で治療が済むというのがこの超音波治療の特徴です。
更にメスなど入れないのでもちろん出血はなく、傷も残りません。なんとも手軽な治療方法と言えるのです。

 

 

 

超音波での治療というのは、超音波の振動を、皮膚に当てていくだけです。とても簡単な方法ですよね。

 

皮下組織全体に超音波を当てることで、エクリン汗腺や、アポクリン汗腺、両方を破壊するのです。

 

多汗症の原因のエクリン汗腺、そしてワキガの原因のアポクリン汗腺、両方を同時に破壊することで、汗を抑え、強い臭いも抑えることができるのです。
超音波は体の中でいろいろな効果を出します。

 

汗腺に超音波を当てる治療であり、音波の周波数を調整することで、他の組織には影響を与えません。
ですから血管などを傷つける心配はありませんし。
汗腺だけを破壊するよう超音波の周波数を合わせて治療しますから心配はいりません。

超音波吸引治療

超音波治療は、痛みそして傷跡がのこることもないことから、多汗症治療として大変注目されています。

 

患者さんとしても、不安なく安心して受けることができる治療法のひとつと言えるでしょう。
この超音波治療には、超音波吸引という方法もあります。多汗症の中でも特にわきの下の多汗症に対して効果がある治療法です。
この超音波吸引に関しては、わずかにメスを入れ、
一部切開してから超音波を流すことをします。破壊した後の汗腺を吸引する治療方法なのです。

 

この方法で、除去の確率が上がるので大変効果的なのです。汗腺というのは、真皮の浅いところにあるので除去するのは困難なものです。

 

しかしこの超音波吸引の技術が、アポクリン汗腺やエクリン汗腺というものを吸引できるようにしたのです。確かに、

 

皮膚にメスを入れますが、
直径数ミリ程度の穴です。術後大きな傷跡が残るというわけではありません。方法としては、
皮膚の下に細い管を挿入し、超音波を発生させ、アポクリン汗腺とエクリン汗腺を同時に破壊します。
そして
破壊して皮下脂肪層を乳化させ吸引していくのです。この超音波吸引は、
術後の合併症も起きにくく、後遺症の不安もほとんどありませんから安心して受けられるものです。
しかし、超音波が強すぎたり、吸引の仕方が強すぎたりすると皮膚にダメージを受けることがあります。
ですから出来ることなら、経験豊富な医師の下で行うと良いでしょう。吸引法と言ってもアポクリン汗腺とエクリン汗腺、すべてが完全に消滅するとは言い切れません。
中には多汗症が再発したり、ワキガ臭が残ることもあるのです。切除した上に更に効果を求めるならば、メスをもっと大きく入れることになります。
しかし、そこまでするのならば吸引よりも切除手術のほうが効果的でしょう。

 

吸引は確かに短時間で終わる、リスクの少ない理想的な治療方法ですが、より大きな効果を求める方にとっては満足のいくものではないかもしれません。
人により、求める多汗症の治癒状況は違いますから、一概にどの治療法が良いのか言えません。しかしこの吸引という方法が治療に関して有効なのは確かです。
そしてもし、治療を受けるのならば、
信頼できる病院を選ぶこと、そして、専門家の医師を選ぶこと、これは大切なことです。
そして担当される医師から治療のい入る前に十分な説明を受けることも大事な事です。納得した上で治療に入りたいものです。