症状のいろいろ

多汗症の症状というのは、多分に個人差があり、汗の量、そして汗が出る部分も人それぞれです。

 

例えば、手のひらから大量の汗が出る症状を手掌多汗症言いますが、手のひらが少し汗ばむくらいの人もいれば、手がぐっしょりと濡れるほどの人もいます。

 

更には手から汗が滴り落ちるくらいの汗をかく人もいるのです。

 

 

また背中に汗をかく人もいます。着ている服がぴったりと貼り付くくらいに汗をかく人がいたりします。
脇から汗が大量に出る人では、服に汗ジミがひどく付いてしまい、
白いシャツなどすぐに黄色や茶色の汗ジミがついてしまうという方も多いようです。

 

このような症状は何も暑い夏だけではなく、冬でも起こります。このように人により体のいろいろなところから汗を多量にかくのが多汗症なのです。
そして多汗症の発症時期も人により違うのです。多くは、幼少のころに発症します。だいたい5歳程度で発症している方が多いようです。
そして子供のころは気にならないのですが、中学生や高校生ごろの思春期に入ると特に気になり始め、自分で多汗症を認めるようになります。
しかし
、中には大人になってから発症しているケースもあります。これはストレスが原因と考えられています。
多汗症はしlちかり治療すれば、完治できる病気です。自分の汗に悩む前に速やかに
適切な治療を受けるようにしましょう。

多汗症イコールワキガ??多汗症かどうかチェックするには?

 

 

今回のテーマは多汗症ということなんですが、どういった症状のものがあるんでしょうか?

 

多汗症というのは暑くもないのに汗をかく、俗に汗っかきと言われているもので、一般的には元気で新陳代謝の活発な人は汗っかきです。また太った人は皮下脂肪が厚く体内で発生した熱が外に放出されにくいので痩せた人より余計に汗をかく傾向にあります。この多汗症には全身に多量の汗をかく全身性多汗症と体のどこか一部の例として脇の下に多量の汗をかく局所性多汗症の2種類があります。

 

でも先生、私も本番前になるとよく緊張して手や脇の下に汗をかくんですが、これも多汗症なんでしょうか?

 

清水さんの場合はですね、局所性多汗症で、精神性発汗によるものです。誰にでも経験があると思いますが、試験前に手に汗をかいたり、歌手の方々の中にはステージで歌うときなど手や顔、脇の下などに汗をかく方がいらっしゃいます。

 

これからますます薄着になっていく中でお悩みの方も多いんでしょうね。

 

特に女性はブラウスが着られないだとか、制服で仕事をされる方は気になってしまうというお悩みの方が多いようです。

 

ところで先生、この多汗症というのはワキガと何か関係があるんでしょうか?

 

よくですね、多汗症イコールワキガと思っている方が多いようですが、厳密な意味においてそれは間違った解釈です。他の人に比べて多量の汗をかくものですから、当然それだけ汗臭くなりやすいようですが、あくまでエクリン腺の分泌が多いというだけで多汗だからワキガ臭が発生するとは限りません。ただしワキガ臭は多量に排出された汗が蒸発するときに助長される場合がありますので、このことから多汗症イコールワキガではないのですが、ワキガの方は多汗症でも悩んでいると言えると思います。

 

自分が多汗症かどうかチェックする方法はどうすればいいんでしょうか。

 

多汗症というのは遺伝率が高く、ワキガと併発するものが多く、チェックポイントとしてもワキガと近いものですが、ご覧のように毛の量が多い、汗ジミが出来る、暑くもないのに汗が多い、耳垢が湿っている、妊娠後、または更年期の方が挙げられます。多汗症は特に汗をかく量が多い人の症状です。多汗症で特定の部位の発汗が激しい症状を局所性多汗症と言いますが、ワキガは局所性多汗症のなかのひとつなんです。

 

最近は制汗剤などで汗を抑えるものが色々と市販されていますがこれらのものは多汗症の方に効果的なんでしょうか?

 

制汗剤というのはちょっとした時には有効ですが、あくまでも一時的なものです。それと手や顔、脇の下の汗を抑える内服薬もありますが、きちんと治すには医師に相談し、根本から治療することをおすすめします。